雇用助成金

当事務所では雇用助成金の受給可能性を無料診断しております。
お気軽にお問い合わせください。


新たに従業員を雇う

※プラスボタンをクリックして詳細をご覧ください。

トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)

職業経験の不足などから就職が困難な求職者等を、無期雇用契約へ移行することを前提に、一定期間試行雇用(トライアル雇用)を行う事業主が受給できます。

主な受給要件

・ハローワーク等の紹介により雇い入れること
・原則3か月のトライアル雇用をすること
・1週間の所定労働時間が、通常の労働者と同じであること

受給額

・月額4万円×3カ月(トライアル雇用対象者1人当り)
・月額5万円×3カ月(対象者が母子家庭の母等または父子家庭の父の場合)

備考1

トライアル雇用対象者とは以下の者をいう
・過去2年以内に、2回以上離職や転職を繰り返している者
・離職している期間が1年を超えている者
・妊娠、出産・育児を理由に離職し、安定した職業に就いていない期間が1年を超えている者
・生年月日が1968(昭和43)年4月2日以降
・就職の援助を行うに当たって特別な配慮を要する人
(生活保護受給者、母子家庭の母等、父子家庭の父、日雇労働者、季節労働者、中国残留邦人等永住帰国者、ホームレス、住居喪失不安定就労者

掲載日:令和5年6月

特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)

高年齢者や障害者等の就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れた事業主が受給できます。

主な受給要件

・ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により雇い入れること
・雇用保険一般被保険者として雇い入れ、継続して雇用することが確実であると認められること。

受給額

短時間労働者以外
・高年齢者(60歳以上)、母子家庭の母等  60万円
・重度障害者等を除く身体・知的障害者  120万円
・重度障害者等  240万円

短時間労働者
・高年齢者(60歳以上)、母子家庭の母等  40万円
・重度障害者等を含む身体・知的・精神障害者  80万円

掲載日:令和5年6月

特定求職者雇用開発助成金(発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース)

発達障害者や難治性疾患患者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(一般被保険者)として雇い入れる事業主が受給できます。

主な受給要件

・ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により雇い入れること
・一般被保険者として雇い入れ、継続して雇用することが確実であると認められること。

受給額

・短時間労働者以外の者  120万円
・短時間労働者  80万円

発達障害情報・支援センター

難病情報センター

掲載日:令和5年6月

特定求職者雇用開発助成金(就職氷河期世代安定雇用実現コース)

いわゆる就職氷河期に正規雇用の機会を逃したこと等により、十分なキャリア形成がなされず、正規雇用に就くことが困難な方をハローワーク等の紹介により、正規雇用労働者として雇い入れる事業主が受給できます。

主な受給要件

対象者をハローワークまたは民間の職業紹介事業者などの紹介により正規雇用労働者として新たに雇用すること

受給額

・中小企業  60万円
・大企業  50万円

備考1

対象者は(1)~(4) いずれにも当てはまる方
(1) 1968年(昭和43年)4月2日から1988年(昭和63年)4月1日までの間に生まれた方
(2) 過去5年間に正規雇用労働者として雇用された期間を通算した期間が1年以下であり、過去1年間に正規雇用労働者として雇用されたことがない方
(3) ハローワークなどの紹介の時点で安定した職業に就いていない方でかつ、ハローワークなどにおいて、個別支援等の就労に向けた支援を受けている方

掲載日:令和5年6月

特定求職者雇用開発助成金(生活保護受給者等雇用開発コース)

ハローワークまたは地方公共団体において、3ヶ月を超えて支援を受けている生活保護受給者や生活困窮者を、ハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主が受給できます。

主な受給要件

・ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により雇い入れること
・雇用保険一般被保険者として雇い入れ、継続して雇用することが確実であると認められること。

受給額

・短時間労働者以外の者  60万円
・短時間労働者  40万円

掲載日:令和5年6月

特定求職者雇用開発助成金(成長分野人材確保・育成コース)

高年齢者や障害者等の就職困難者を「成長分野の業務」に従事させること、あるいは、未経験の就職困難者に人材開発支援助成金による人材育成を行い、賃上げを行った場合に受給できます。

主な受給要件

・対象労働者を、「成長分野等の業務」に従事させること
・対象労働者が就労の経験のない職業に就くことを希望していること
・賃金を雇入れ日から3年以内に、5%以上引上げること

受給額

・短時間労働者以外の者  90万円~360万円
・短時間労働者  60万円~120万円

掲載日:令和5年6月

地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)

雇用機会が特に不足している地域の事業主が、事業所の設置・整備を行い、併せてその地域に居住する求職者等を雇い入れる場合に受給できます。

主な受給要件

・雇用保険の適用事業の事業主であること
・当該地域に居住する求職者等を3人以上雇用すること(創業の場合2人以上)
・助成対象となる設置・整備に1点あたり20万円以上、合計300万円以上かけていること

受給額

設置・整備に要した費用及び雇用人数に応じて50万円~800万円

掲載日:令和5年6月

地域雇用開発助成金(沖縄若年者雇用促進コース)

沖縄県の区域内において、事業所の設置・整備に伴い、沖縄県内に居住する35歳未満の若年求職者を雇い入れる事業主が受給できます。

主な受給要件

・雇用保険の適用事業の事業主であること
・沖縄県の区域内に、事業所(施設・設備)の設置・整備を行うこと
・設置・整備費用が、契約1件あたり20万円以上、合計100万円以上であることbr> ・沖縄県に居住する35歳未満の求職者を3人以上雇うこと

受給額

対象者の賃金×1/3(上限 1人120万円)

掲載日:令和5年6月

中途採用等支援助成金(中途採用拡大コース)

中途採用者の雇用管理制度を整備した上で中途採用の拡大を図る事業主が受給できます。

主な受給要件

・中途採用者を雇用保険の一般被保険者又は高年齢被保険者として雇い入れること
・中途採用者を期間の定めのない労働者(パートタイム労働者を除く)として雇い入れること

受給額

・中途採用率の拡大  50万円
・45歳以上の中途採用率の拡大 100万円

掲載日:令和5年6月

中途採用等支援助成金(UIJターンコース)

東京圏からの移住者を雇い入れた事業主に、その採用活動に要した経費の一部が助成されます。

主な受給要件

・採用活動に係る計画書を労働局に提出し、労働局長の認定を受けていること
・計画書に定めた計画期間内に採用活動を行っていること

受給額

上限 100万円

備考1

対象となる経費
就職説明会等の実施に要した費用のうち採用担当者の交通費、及び宿泊費

掲載日:令和5年6月

産業雇用安定助成金(事業再構築支援コース)

新型コロナウイルス感染症の影響等で事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、新たな事業への進出等の事業再構築を行うため、当該事業再構築に必要な新たな人材の円滑な受入れを支援するものです。

主な受給要件

・中小企業庁の実施する「事業再構築補助金」の交付決定を受けていること
・雇い入れる労働者は専門的な知識や技術が必要な業務に従事する係長相当職以上の者で、年間350万円以上の賃金が支払われる者であること

受給額

280万円×人数(5人まで)

備考1

掲載日:令和5年6月

お問合せ電話
お問合せ電話

お役立ち情報

連絡先

福田雇用管理綜合事務所

〒814-0133
福岡市城南区七隈1丁目1番7号
TEL 092(851)3362
FAX 092(851)3371
e-mail  コチラヘ
社会保険労務士 福田明彦です。
お気軽にご相談下さい。